痛風の症状を予防する対策!|プリン体を減らして尿酸を排出!

医者

再建手術で取り戻す

マスクをした女性

日本では、乳がんに関する早期発見キャンペーンが活発になってきています。乳がんは女性特有の症状で、発見が遅れたら病状が進行してしまい、命に関わってくるのです。がんに侵されている部分を外科手術で摘出してしまえば、一命は取り留められます。しかし、同時に女性として重要な部分を喪失してしまうのです。そのため、乳がん患者は、外科手術の選択をする際に身を切るような思いをしてしまいます。しかし、最近では乳がんによって摘出された乳房を復活させる方法が多数存在します。どのようなものかというと、再建手術というものです。手術で乳房を摘出した後に、体力が戻り次第もう一度手術を行ないます。乳房の代わりになる物質を患部に挿入するか、自身の脂肪を注入して適切な大きさに戻す方法が存在します。どちらを選んでも、乳がんになる前と変わらないサイズの乳房を取り戻せるのです。
乳がんで失われた乳房を取り戻せる再建手術は多彩な方法があります。それぞれの方法を比較して、適切な再建手術を選びましょう。まず、人工の乳房を入れる方法です。医療用の素材で作られた代物で、体内に入れたとしても特に害があるわけではありません。生理食塩水が入ったパックみたいなものを入れるので拒絶反応なく安心できます。人工乳房の他には、患者の体内にある脂肪を集めて、乳房に注入する再建手術方法があります。おしりや脚、腹部など脂肪がつきやすい部分から適量の脂肪を集める方法です。自身の脂肪を活用するので、拒絶反応もなく、自然に近い形の乳房を取り戻せるのです。